menu

職種に捉われない働き方で
あなたの可能性がぐっと広がる

職種に捉われない
働き方であなたの可能性が
ぐっと広がる

私たちが目指している働き方として、「職種に捉われすぎない。」 というのがあります。
それは職種が自分は「モーショングラフィックデザイナーだから」。
自分は「ディレクターだから」といった理由で、 自分の携わる仕事の範囲を限定しすぎない。ということです。

モーショングラフィックデザイナーでもAfter Effects内の作業だけでなく 自分でデザインを作成してもらうこともありますし、 編集に比重を置いた「企画」を作ってもらうこともあります。

時には撮影の現場にも立ち会ってもらいながら、撮影中に編集の観点からの提案や アドバイスを求められることもあります。

幅広い業務を行うことは大変です。

でも、お客さまから求められるのは クリエイティブのプロとしての幅広いスキルや知識です。
そしてその知識やスキルがあるからこそ、お客さまや仲間から頼られるようになります。

職種に捉われない働き方。

その方が仕事はもっと面白く自由になるし、あなたの可能性がぐっと広がるはずです。

モーショングラフィックデザイナーの仕事。
スキルとセンスでアイデアを形にする

映像編集の責任者

映像編集の責任者

クライアントやディレクターの要望や意図を汲み取って、 カット編集やモーショングラフィックスに利用するグラフィック素材のデザイン、AfterEffectsを使ったモーショングラフィックスの制作など、 アイデアを実現する映像編集の責任者として作品に携わります。

デザイン

デザイン

映像作品に必要なタイトルやアイコン等のモチーフなど、グラフィック要素のデザインを担当します。 私たちの仕事では、実写だけを映像編集して作品が完成することはあまりなく、ほとんど全ての作品で何らかのグラフィック要素が必要になります。

カット編集

カット編集

撮影された映像のカット編集を行います。編集の観点から自分で構成を考え、ディレクションを行うこともあるので、 編集ディレクターとも言えるポジションとして編集に関わります。映像編集作業の中で、提案する力が求められます。

カラーグレーディング

カラーグレーディング

撮影された映像のカラーグレーディングを行うことも、エディターの大切な仕事です。 映像の色はその作品のトーンを決定づけるような、重要な要素です。ディレクターやカメラマンと話し合いながら、カラーグレーディングを行うこともあります。

モーショングラフィックス

モーショングラフィックス

クライアントさんが映像で伝えたいメッセージを、映像で伝えるための一つの表現として、モーショングラフィックスは非常に重要な表現です。 それは映像のプロとして、いくつかの表現の選択肢をちゃんと用意をしておく。ということでもあります。

キャリアパス

キャリアパス

将来的に、ディレクターになりたい方にはディレクターへのキャリアパスもご用意しています。 また、エディターであっても撮影に参加して、編集の観点からのアドバイスや撮影アシスタントとして活躍するので、撮影のことも学んで頂くことができます。

モーショングラフィックデザイナーの1日

9:20出社
9:30朝の社内会議
10:00メール返信
10:30デザイン素材の作成
11:45昼休憩
13:00モーショングラフィックス制作
15:00休憩
15:30お客様と打ち合わせ
16:30移動
17:30モーショングラフィックス制作
19:30終業

使うソフトウェアの利用頻度

モーショングラフィックデザイナーが最も頻繁に利用するソフトウエアは、 Adobe After EffectsやPremiere Proです。
モーショングラフィックスを作成する作品が多いので、 素材となるグラフィックの作成に、Photoshop、Illustratorのスキルも習得します。
下のグラフは、入社後に必要とされる各ソフトウエアごとのスキルレベルのめやすとしてください。

Premiere Pro
 
After Effects
 
Illustrator
 
Photoshop
 

モーショングラフィックデザイナーの募集要項

雇用形態 正社員(中途および新卒)
応募資格 経験は問いませんが、ご自分のポートフォリオ(作品)をご提出頂けること
Adobe After Effectsを使って作品を生み出せる方
Illustrator、Photoshopで映像パーツ等のグラフィック素材が作れること
求める人材像 グラフィックデザインやイラストが描ける方、歓迎
エディターの実務経験者、優遇
CINEMA 4Dを熟知している方、優遇
映像編集への情熱がある方
デザインが得意な方
コミュニケーション能力が高い方
弊社の作品を見て、こういう映像を作ってみたいと感じて頂ける方
このページの一番上に戻る